AYAの暇人日記

間桐桜一押し、劇場版でのソースはすぐに更新・特亜ニュース・相互リンク・RSS募集しています、何かあればメールフォームまで

【ニュースの核心】プーチン大統領、対北攻撃を容認か トランプ氏とAPECで会談「準備中」、正念場の日本

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171108/soc1711080014-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop


ドナルド・トランプ米大統領が、日本を皮切りにアジアを歴訪中だ。最大の焦点は、「核・ミサイル開発」を続ける北朝鮮問題である。事態は歴訪中に大きく動く可能性も出てきた。

トランプ氏は訪日に先立ち、大統領専用機(エアフォースワン)の中で「ロシアのプーチン大統領と会談するだろう」と語った。私はここに注目する。

 両大統領は10日、ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席する。ロシア側も「首脳同士の出会いを作る準備中」と確認した。2人は一体、何を話すのか。

 トランプ氏は「ロシアが北朝鮮問題でわれわれを助けてくれる可能性がある」と語っている。ずばり言えば、プーチン氏が「対北圧力の強化」、あるいは「米国の軍事攻撃を容認する可能性」も出てきたのではないか。

 中国は8月に政府系新聞『環球時報』の社説という形で、「北朝鮮が先に攻撃し米国が報復した場合、中国は中立を保つ。ただし米国が朝鮮半島の版図を塗り替えようとするなら介入する」という姿勢を示している。

 トランプ氏はこの点を8日、中国の習近平国家主席との首脳会談で直接、確認するだろう。となれば、次に鍵を握るのは当然、ロシアである。

 プーチン氏がもし、中国同様、米国の対北攻撃を暗黙裡にでも容認するなら、トランプ氏は事実上、軍事攻撃のフリーハンドを得る形になる。

 そこまでいかなかったとしても、ロシアから制裁圧力の強化を取り付けられれば、金正恩(キム・ジョンウン)体制に打撃を与えられる。


予想だと大きく動きそうなのは年末かなあと

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://aya5548.com/tb.php/541-d8e0e4de

 | HOME | 

文字サイズの変更

ランキング



にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


ニュースランキング

メールフォーム

お問合せ

アンテナ

プロフィール

AYA

Author:AYA
間桐桜一押し
劇場版のソース出次第更新
政治系・スポーツ
相互リンク・RSS募集しております
コメント・トラック書き込んでくれると嬉しいです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (448)
自己紹介 (1)
政治 (70)
アニメ (0)
アニメ(劇場版含む)感想 (0)
悪堕ち (0)
特亜 (81)
スポーツ (2)
マスゴミ (10)
FATE (9)
沖縄関連 (1)
プロ野球 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん