FC2ブログ
間桐桜一押し、声優・Fate(間桐桜)2chまとめ、およびその感想です
2019/01123456789101112131415161718192021222324252627282019/03
1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 18:45:06.969 ID:SNJWhDyY0.net
原作通りやれよカス

2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 18:45:37.347 ID:Jkx9V2NvM.net
桜ルートだろ

8 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 18:55:29.808 ID:UEQx9fTg0.net
ムシャムシャと頬張ってしまいましょ
が頭から離れない


9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 18:57:56.481 ID:Eav0ni/A0.net
どう考えても桜殺せば一件落着なのに
正義の味方厨な士郎がそれをやらず犠牲者増えてくかも知れないのに桜救おうとする話だから
ハッピーエンドになったとしても桜がしたことは消えないからな


11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 19:08:23.305 ID:ewz7U+CI0.net
>>9
好きな女の子救ってあげたいやんそもそも間桐一族に尊厳踏みにじられて殺人兵器にされた完全な被害者やろ

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 19:07:41.935 ID:vLWBFGfUa.net
監督はそういう選択をしたと言ってるんだから不満がでるのは承知
三章は黒桜になったから桜出しにくいし桜慎二以外の掘り下げが不足してる頑張って


14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 19:16:31.025 ID:xsOoJ+1T0.net
だから士郎も裏切るって言ってるし桜だけの正義の味方になるって言ってんじゃん。
fateというかtyep moon ってそういう人間がぐちゃぐちゃになってくのが醍醐味だぞ。
それが楽しめないなら向いてないと思


21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 19:20:37.058 ID:vLWBFGfUa.net
桜は何も悪くないみたいに言われるようになったのかよ

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 20:25:35.917 ID:FgZMLtkH0.net
一般人犠牲にしてでも桜を助けるのが桜ルートなのにそれ否定されたらどうしようもない

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2019/01/28(月) 19:22:35.738 ID:IUvFilED0.net

桜ルートで桜贔屓とは






管理人「2章のこと思うとホント切ないんだよね……」
この記事へのコメント
描写が多少のソフトになってるだけで原作通りの映画なのに・・・
スレ主は「原作」の意味を理解してるのか?
そもそも原作はゲームで複数のルートがあるのを知ってるのか?
2019/02/03(日) 22:28 | URL | Fateに自信ニキ #-[ 編集]
桜のアンチって他のキャラのアンチに比べて頭おかしい奴が多い印象
言ってる事に筋が通ってない

単に原作はもちろんアニメや映画すらロクに知らない奴が目立とうとして騒いでるだけかもしれないが
2019/02/04(月) 19:30 | URL | Fateに自信ニキ #-[ 編集]
>>21
>桜は何も悪くないみたいに言われるようになったのかよ

元から原作でも「この世全ての悪」の端末である「影」が桜を依り代にしてサーヴァントや一般人を襲ってたって設定だぞ
HFでの桜の黒い発言も「この世全ての悪」と繋がってる影響で桜の悪心が引き出されやすくなってた
だから基本的には桜に「聖杯の器の欠片」を移植した蟲ジジイが悪い

ただ「影」は依り代である桜の感情に影響を受けてる描写もある
「影」が桜が愛憎と嫉妬を抱く凛を狙いまくったりな

それに慎二を殺.したショックで精神崩壊し「この世全ての悪」に完全に精神汚染され「影」と一つになった黒桜は桜の暗黒面が表面化した存在だから黒桜の行動には桜にも責任がある
まあ、11年間も常人なら一日で心が壊れる拷問と凌.辱を受けてた桜の心に暗黒面が無かったら、そっちの方が異常だが
2019/02/05(火) 19:36 | URL | Fateに自信ニキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック