AYAの暇人日記

間桐桜一押し、劇場版でのソースはすぐに更新・特亜ニュース・相互リンク・RSS募集しています、何かあればメールフォームまで

衆院解散の大義論じる気楽な政治家たちの二重基準 手のひら返しの数々

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170923/soc1709230005-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop


夕刊フジは13日発行号で「9・25解散強まる」と報じ、報道各社も17日、安倍晋三首相が臨時国会冒頭(28日召集)で衆院を解散する方針を固めたと追いかけた。10月10日公示、22日投開票だという。

自民党は安倍総裁になって国政選挙4連勝中である。例の「モリカケ騒動」で低下した支持率が回復基調にあるなか、複数の野党や左派メディアは、今回の解散総選挙を「大義がない」と批判する。

 本音をいえば、安倍首相には「憲法第9条を改正して自衛隊を憲法に明記することの信を問う」という、堂々たる大義名分の下で総選挙を戦ってほしい。

 だが、日本の世論がフェイクニュースで簡単に操られる現実も、この数カ月でよく分かった。9条改憲正面突破に対する慎重論も理解できる。

 先週のコラムで、「ダブルスタンダードの偽善」について批判したが、「解散に大義がない」という主張も同じ構図に見える。

 7月上旬、自民党が東京都議選で惨敗したとき、民進党代表だった蓮舫氏は「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。(衆院解散に)追い込みたい」と述べている。もし、このとき安倍首相が解散していたら、「大義」の話題は出ただろうか。

 今回の解散報道を受け、民進党の山井和則国対委員長代行は「自分の都合で勝てそうなときに解散しようというのは笑止千万で、解散の大義は後づけでしかない。国民が北朝鮮のミサイルの危機におびえているなか、解散することは、到底、考えられない。ひと言で言えば『無責任解散』だ」と述べた。



報道をしない奴らに無責任と言われて持って話ですし
国の存亡をかけてのどこに大義がないのか
これでは日本は国ではないと思われても仕方ない

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

ランキング



にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


ニュースランキング

メールフォーム

お問合せ

アンテナ

プロフィール

AYA

Author:AYA
間桐桜一押し
劇場版のソース出次第更新
政治系・スポーツ
相互リンク・RSS募集しております
コメント・トラック書き込んでくれると嬉しいです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (448)
自己紹介 (1)
政治 (70)
アニメ (0)
アニメ(劇場版含む)感想 (0)
悪堕ち (0)
特亜 (81)
スポーツ (2)
マスゴミ (10)
FATE (9)
沖縄関連 (1)
プロ野球 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん