AYAの暇人日記

間桐桜一押し、劇場版でのソースはすぐに更新・特亜ニュース・相互リンク・RSS募集しています、何かあればメールフォームまで

北朝鮮危機隠すメディア いつまで国民の目をふさぎ続けるのか

http://www.sankei.com/premium/news/170921/prm1709210010-n1.html


一部の新聞やテレビにとっては、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙を決断し、民意を問うことがよほど都合が悪いらしい。「人がふみ行うべき最高の道義」を意味する「大義」という言葉をやたらと振り回し、解散批判を繰り返している。

 例えば朝日新聞は18日付朝刊社説で「解散に大義があるとは到底、思えない」と書き、1面コラムではこう嘆いてみせている。

 「大義なき解散を迎えるなら、今回は有権者がばかにされたことになるか」

 また、19日付朝刊では1面トップ記事と2面トップ記事でそれぞれ「解散の大義『消費税』急造」「急転公約『大義』に疑問」との大見出しをつけた。その上で、20日付朝刊社説のタイトルを「大義なき『身勝手解散』」とする念の入れようである。そんなに大義が好きなのだろうか。

 だが、実は平成26年11月に安倍首相が前回の衆院解散を決めたときも、新聞は「解散に大義はあるのか」(12日付朝日社説)、「民意を問う大義たり得るか」(同日付毎日新聞社説)などと書いていたのである。

 そもそも現行憲法下で、解散を断行せずに任期満了で衆院選を行った首相は昭和51年の三木武夫氏だけだ。解散は衆院議員の任期内にほぼ確実に行われるものだし、たとえ解散をせずとも選挙はある。それなのに何を大仰に騒ぐのか。


トランプ米大統領は19日の国連演説で「自国や同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊するより選択肢はなくなる」と明言した。米大統領が同盟国防衛についてここまで踏み込んだ発言をする状況でも、朝日や毎日は国会で再び加計・森友学園問題の質疑に明け暮れろというのか。

 解散について「大義がない」「疑惑隠し」とことさら言い募るメディアは、北朝鮮危機が見えないように国民の目をふさぎ、隠しているかのようだ。彼らの「大義」とは一体何なのか。


某動画でもありましたが、朝鮮学校出身者が多いようですので、誹謗中傷して
北朝鮮を守るという大義があるんだと思いますよ阿比留さん

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

ランキング



にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


ニュースランキング

メールフォーム

お問合せ

アンテナ

プロフィール

AYA

Author:AYA
間桐桜一押し
劇場版のソース出次第更新
政治系・スポーツ
相互リンク・RSS募集しております
コメント・トラック書き込んでくれると嬉しいです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (458)
自己紹介 (1)
政治 (70)
アニメ (0)
アニメ(劇場版含む)感想 (0)
悪堕ち (0)
特亜 (81)
スポーツ (2)
マスゴミ (10)
FATE (9)
沖縄関連 (1)
プロ野球 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん